Monthly Archives: 10月 2022

Halloween(ハロウィン)

投稿者:staff
投稿日:2022年10月26日

カテゴリー:

何時も、かたおか整形外科脳神経リハビリクリニックのホームページをご覧いただき有難うございます。

リハビリの辻本です。

日ごとに寒くなっていく今日この頃ですが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

今年も早いものでHalloween(ハロウィン)まで1週間となりました。因みに10月31日のハロウィンは、11月1日に行われるキリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日(諸聖人の日)の前夜祭(All Hallo Eve)という意味で、ヨーロッパ発祥のお祭りで、秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うお祭りで、古代ケルト人が行っていたお祭りに由来します。

現在のような形になったのは19世紀の後半で、移民とともにアメリカに伝わりハロウィンを子供達が怖がったため、子供でも楽しめるイベントに変化してきたと言われています。

今年は日本でもコロナ感染が減少傾向という事もあり、数年ぶりに渋谷ハロウィンが盛大に開催される予定や、大阪でもコロナの影響により縮小されていたUSJのイベント「ハロウィン・ホラーナイト2022」が3年ぶりにフルラインナップで開催予定です。

どちらのイベントも魔女、ゴースト、ゾンビ、ドラキュラ、骸骨、狼男、フランケンシュタイン、ジェイソンといった恐ろしい怪物や怖いものに仮装するのが定番ですが近年は個性豊かな多彩な仮装で若者達が楽しんでいます。

皆さんも今年のハロウィンは仮装して日頃のストレス発散とコロナ(悪霊)を追い払ってみてはいかがでしょうか?

秋の夜長を楽しみましょう。

今回も最後まで御読み頂き有難うございました。

過ごしやすい季節になりました

投稿者:staff
投稿日:2022年10月23日

カテゴリー:

こんばんは。看護師の五百尾です。

今日はとてもお天気が良くて公園日和でした!

子供達は半袖で走り回って汗をかいてましたが、日陰で見守る母にとっては気持ちよい気温でした(^^)

子供達は黄色く色づいた葉っぱやどんぐりをたくさん集めてきて、秋だな〜と感じました。

暑いくらいの日中でしたが、日が暮れると寒くなり温泉に行きたいね〜と話になりました!

 

我が家の子供達は温泉が大好きで、今年の年末年始は道後温泉に行く予定です(^^)

愛媛県にある道後温泉本館は約3000年の歴史を誇る日本最古の温泉として有名です。夏目漱石も入浴したことで知られていますが、ここは旅館ではなく共同浴場です。商店街を抜けると現れる歴史ある道後温泉本館は独特の世界観を作り出しています。

子供達には温泉を楽しむだけでなく、地理や歴史なども旅の思い出と一緒に覚えてもらいたいです!

 

寒暖差があって身体の不調も起こりやすし季節ですが、紅葉や美味しい味覚など楽しいこともたくさんあります!みなさまお身体に気をつけて秋を楽しんでください(^^)

 

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

投稿者:staff
投稿日:2022年10月14日

カテゴリー:

季節が進んで過ごしやすい毎日ですね♪

秋の美味しい味覚が店頭に並び、食欲も増してきます。

秋に食欲が増すのは、

これから迎える寒い冬には食べ物がなくなるから・・・。

秋に出回る味覚には、小さい形にぎゅっと詰まった実物が多く

栄養素を沢山摂れるようになっています。

しかし!!いつでも何でも手に入る現代人は要注意です。

食欲に任せて食べていると大変なことに・・・。

昔から「腹八分目」といいますがこの八分目、具体的に言うと

次の食事の前にお腹がぐぅとなる位の量のこと。

どんな体調の時にどのくらい食べたら八分目になるか

ご自身のお腹と相談してみてくださいね♪

食べたら、動く!!

季節を感じながらお散歩もいいですね。

紅葉情報が気になる矢野がお届けしました^^

 

 

 

気温差が「寒暖差疲労」を起こす

投稿者:staff
投稿日:2022年10月05日

カテゴリー:

お久しぶりです。看護師の永田です。

つい先日まで「暑いですね〜!」と挨拶を交わしていたかと思っていたら…気がつけばもう10月‼︎〝秋〟ですね〜。

朝晩は随分と涼しく、クーラーもようやく使わず過ごせる季節がやってきました。

ですが、朝晩と日中との温度差で体調を崩してしまいがちな方も多いのでは?

「寒暖差疲労」って聞いたことありませんか?

寒暖差疲労とは気温差(7℃以上)が大きいと起こりやすくなるもので、体温を調節する自律神経が過剰に働くことで、全身倦怠感、冷え性、頭痛、肩こり、首こり、胃腸障害、イライラ、不安、アレルギー(鼻炎症状)などの様々な症状が出てしまう「気象病」の1つです。

寒暖差には、春の暖かくなっていくときの寒暖差、夏の暑い時期の寒暖差(冷房による冷え)、秋の寒くなっていくときの寒暖差などがあります。

🔸 寒暖差疲労チェック10項目のうちいくつ該当しますか?

  (寒暖差が大きい日)頭痛・肩こり・めまいだるさ・関節痛・喘息・下痢などの症状がある

  季節の変わり目に体調不良になる

  熱中症(またはそれに近い状態)になったことがある

  周りの人が暑いのに自分だけ寒い、長袖を常備している

  顔や全身がほてりやすい

  冷え性

  代謝が悪くむくみやすい

  暑さ、寒さが苦手

  エアコン(冷房、暖房)が苦手

  温度が一定の環境にいる時間が長い(一日中エアコン)

  1個〜3個 軽症

  4個〜6個 中等症

  7個以上  重症

🔸 寒暖差疲労を防ぐ5つの対策をあげてみましょう!

  体の中から温める

 体の中から温めるために、冷たい飲み物や体を冷やす食材を摂りすぎないようにしましょう。食事の時はしっかりと噛んで、ゆっくり食べましょう。ひと口入れて、咀嚼は20回位がベストです。

  体を外から温める

 温めるポイントは、手首、足首、首、両側肩甲骨の中心の4つです。

入浴は、ぬるめの3840℃位のお湯に1015分程度、肩までしっかりつかるのが良いでしょう。「アロマバス」もおすすめです。また42℃以上の熱めのお湯に入浴すると、交感神経が優位になり、身体そのものは温まりますが、身体の内部まで温まらず、湯冷めしやすくなります。

体を冷やさない衣服の工夫(上着の有効活用・首を冷やさないようストールやマフラーを巻く)も効果的です。

  体を軽く動かす

 軽い筋力トレーニング、スクワット、全身ストレッチをすると良いでしょう。また、階段を使う・一駅分歩く・ウォーキング(20分程度)もお勧めです。激しい運動は必要ありません。筋肉疲労が強く残るのは避けた方が良いです。

  ゆっくりと深呼吸を行う

 ゆっくりと深呼吸をする事は、自律神経を整えるのに効果的です。胸式呼吸でも、腹式呼吸でもできる方法で問題ありません。

3秒で吸って、3秒止める、6秒で吐いて、3秒を止める  ×4セット」を目安に行いましょう。

  腸内環境を整える

 腸は脳に次ぐ多くの神経細胞が存在し、「第二の脳」とも言われています。腸の健康は全身の健康に影響するので、腸内環境を整える事は寒暖差疲労を予防する上でも重要なことです。善玉菌を増やして、胃腸の調子を整えましょう。ヨーグルトや納豆などの発酵食品を1日1回食べるように心がけましょう。

ちょっとした心がけで、心身共に元気になれれば、前向きな気持ちになれるのかなぁと思います😊

1011日から全国旅行支援も始まり、コロナが心配という気持ちもなくはないですが、感染対策に留意しながら、日帰り温泉やちょっと遠出して1泊するのも良いですね。

皆さんは〝秋〟をどのように楽しみますか?