新大阪駅より1駅、東三国の整形外科・脳神経外科

新大阪・東三国かたおか整形外科 インターネット予約

2020年09月18日
受付(パート)募集のお知らせ
受付(パート)を募集しております。くわしくはコチラをご覧ください。
2020年08月01日
お知らせ

緊急事態宣言時の9時30分開始は、現在解除されており、
通常通りの診療時間となっております。

リハビリは原則、
運動療法のみ(療法士によるリハビリテーション)
物理療法のみ(器械によるリハビリテーション)
いずれかの提供になります。

2020年08月01日
駐車場のお知らせ

2020年8月17日(金)より三井のリパークが提携駐車場として使えます。
サービス券をお渡ししますので、駐車証明書を会計時に示してください。

2020年04月03日
お知らせ

当院では新型コロナ感染症対策として
患者さんが安心して受診できるよう、検温を徹底いたします。
くわしくはコチラをご覧ください。

2020年03月01日
お知らせ

当院では「新型コロナウィルス」の感染予防として、
皆様やスタッフの健康と安全を考慮し、手洗い、手指消毒、
院内の消毒等の感染対策をしております。
スタッフがマスクを着用しての対応になりますので
ご理解の程よろしくお願い致します。

また、来院される方は可能な限りマスクの着用をお願い致します。
発熱や咳などの風邪症状がある場合、
来院を控えていただきますようお願い致します。
皆様に安心して来院頂けるよう引き続き最善の対応を
行って参りますので、何卒ご理解とご協力をお願い致します。

2019年11月21日
インフルエンザワクチン接種について
2019年度のインフルエンザワクチンは予定数終了いたしました。
2019年06月01日
ホームページをリニューアルいたしました。
 
2018年07月03日
超音波骨折治療器を導入しました。
骨折治癒の期間が4割ほど短縮できたとの学術データもある治療法です。
この機器での治療を希望される方は、院長までお問い合せください。
くわしくはコチラをご覧ください。
2018年04月12日
リハビリテーション室からのお知らせ
服部療法士がLSVTの認定を受けました。
2017年10月31日
リハビリテーション室からのお知らせ
当院ではリハビリテーションは予約制をとっております。
器械だけのリハビリ(物理療法)の場合は予約は必要ありません。
くわしくはコチラをご覧ください。
2017年04月01日
4月より脳神経外科リハビリの認定を受けました。
 
2016年09月06日
ごあいさつ
東三国駅徒歩5分の宮原クリニックモールに2016年9月6日開院の、
かたおか整形外科 脳神経リハビリクリニックです。
当院は「整形外科専門医」「脳神経外科専門医」という立場から、
痛みに対する適切な診断をこころがけて診療を行ってまいります。

当院は病院に入院されていた患者さんの退院後ケア(リハビリ)や日常生活で痛みを抱えながら生活されている方の治療、
スポーツ障害・外傷の治療など幅広く診療してまいります。

診療科目

整形外科

くび、肩、腰、膝の痛み、手足のしびれ、腱鞘炎・筋肉の痛みをはじめ、外傷(けが)・骨粗鬆症などの代謝性疾患までを総合的に判断し治療を行います。

脳神経外科

頭痛、めまいなどの症状を対象に専門医として診断・治療いたします。また、手術後や回復期病院退院後のフォロー(リハビリ含む)も行います。

リハビリテーション科

皆様の生活が快適に送れるように理学療法士、作業療法士、柔道整復師がお手伝いさせていただきます。
※介護保険適用の短時間通所リハビリを行う予定です。

リウマチ科

関節リウマチや痛風などについて総合的に診断を行い、最適な治療を行ないます。また、専門施設とも連携し治療にあたります。

その他

関節リウマチや痛風などについて総合的に診断を行い、最適な治療を行ないます。
また、専門骨粗鬆症外来、東洋医学・漢方、ペインクリニック、スポーツ医学外来施設とも連携し治療にあたります。

整形外科と脳神経外科

当院では「整形外科」と「脳神経外科」を標榜にかかげています。
一見関係が薄いように思われがちな2つの科目ですが、実はとても深い関係があります。

例えば頸(くび)が痛い場合、痛みが「筋肉・骨等の異常からくるもの」なのか
「神経の異常からくるもの」なのかを適切に診断しなければいけません。

当院では「整形外科専門医」「脳神経外科専門医」という立場から適切に診断し、
治療につなげてまいります。

リハビリについて

当院では診療はもちろんですが、リハビリテーションにも力をいれています。

手術後や回復期病院に入院されていた患者さんの退院後ケア(リハビリ)の
受け入れ体制を整え、退院後でも充実したリハビリを行えるようにと考えています。

また、脳卒中やパーキンソン病などの脳神経疾患の方の日常生活動作の
訓練や退院後の継続したリハビリを行っていきます。

理念


医療水準の向上に努め
質の高い医療を
提供します


積極的なリハビリ
テーションを行い
病気の治療・予防と
健康増進を目指します


患者さんに寄り添い
信頼されるよう努めます


礼儀を重んじ
誠実に接します


自分の成長を信じ
常に自己研鑽に努めます

大阪市淀川区西宮原3丁目3-98 宮原クリニックモール2階

Googleマップで見る

JR東海道本線
新大阪駅 徒歩8分
大阪メトロ御堂筋線
東三国駅 徒歩5分

南口(新大阪側)の改札を出て、西側5番出口を出ます。5番出口すぐの「うどん・そば」のお店の角を
曲がり、直進しますと当院に到着します。

阪急宝塚本線
三国駅 徒歩10分

北口(庄内側)の改札を出て、東側に出ます。
東に進み、JOYFIT24の建物の左側の道を進むと
「サンティフルみくに」商店街がありますので、商店街を通りぬけ、直進しますと当院に到着します。

お車でお越しの方
キョウテク・東三国住宅パーキング

三井のリパーク

ご利用の場合はサービス券をお渡しいたします。
※ 受付の際に駐車券をご提出ください
※三井のリパークは「西宮原第3駐車場」が最寄りですが、
その他近隣の三井のリパークの駐車場もサービス券をお渡しできます。

リハビリ施設

回復期病棟を退院された患者様でもしっかりリハビリを行っていただけるよう、充実したリハビリ施設を完備しております。
明るく開放的なリハビリルームで患者様おひとりおひとりのプログラムに合わせたリハビリをしっかり取り組んでいただけます。

  • リハビリ施設1
  • リハビリ施設2
  • リハビリ施設3
  • 受付

    開放的な受付で、気軽にお声かけいただけるように心がけています。

  • 待合室

    清潔で、明るい待合室にしております。
    ゆったりとお待ちください。

  • 診療室

    明るく居心地の良い空間を心がけています。お気軽にご質問ください。

  • 受付
  • 待合室
  • 診療室
  • レントゲン室

    当院では閉塞感を緩和するために、こだわりの壁紙を使用し快適に検査を受けていただけるように工夫しております。

  • 骨密度測定装置

    当院では最新の骨密度測定装置を導入しております。「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」でも推奨されている腰椎、大腿骨の骨密度を測定する機器です。

  • 超音波エコー

    整形外科分野に特化した高画質・最高位機種を導入しております。 レントゲンではわからない、アキレス腱断裂などの軟部組織損傷に役立ちます。

  • レントゲン室
  • 骨密度測定装置
  • 超音波エコー
  • 超音波骨折治療器

    超音波骨折治療器を導入しました。
    2006年11月から「先進医療」に承認された超音波骨折治療法という治療法があります。
    これは非常に出力の低い超音波をパルス状(断続的)に照射することで、骨折部の治癒を促進する、
    新しい技術です。
    骨折治癒の期間が4割ほど短縮できたとの学術データもある治療法です。
    当院ではアクセラス2という機器を導入しております。
    この機器での治療を希望される方は、院長までお問い合せください。

  • 超音波骨折治療器

当院は病院に入院されていた患者さんの退院後ケア(リハビリ)や
日常生活で痛みを抱えながら生活されている方の治療、
スポーツ障害・外傷の治療など幅広く診療してまいります。


また、「整形外科専門医」「脳神経外科専門医」という立場から
痛みが「筋肉・骨等の異常からくるもの」なのか
「神経の異常からくるもの」なのかを適切に診断し、
治療につなげてまいります。

資格

  • 日本整形外科学会専門医・認定リウマチ医
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本リハビリテーション学会臨床認定医

略歴

  • 大阪府立箕面高等学校 卒業
  • 兵庫医科大学 卒業
  • 大阪大学医学部附属病院 脳神経外科教室 入局
  • 関西労災病院・市立伊丹病院・宝塚市立病院などで、脳神経外科の研鑽を積み
  • 大阪府立急性期総合医療センター リハビリテーション科
  • 関西電力病院 整形外科
  • 関西電力病院 リハビリテーション科 副部長
  • 医療法人田辺整形外科
  • 上本町クリニック 院長 塚本クリニック 副院長
  • かたおか整形外科 脳神経リハビリクリニック 院長

  • 受付(パート)

週2~3回のパート職募集です
経験者優遇
夜診帯に勤務できる方
連絡先:06-6394-5570
担当:片岡 まで

「寒暖差疲労」って知っていますか?


投稿者:staff
投稿日:2020年11月18日

カテゴリー:


理学療法士の新宅です。

 

寒い日が続いていたと思いきや、最近また暖かくなってきましたね。

皆さんは「寒暖差疲労」って知っていますか?

季節の変わり目になると「なんとなく体がだるい」「イライラする」といった症状を訴える人が多くなる気がします。

原因に思い当たりがないのに心身の不調が続くのならば、それは寒暖差疲労かもしれません。

寒暖差疲労とは大きな気温の変化に体がついていかない状態です。

体温の維持に重要なのが自律神経です。気温が高い時は体温を下げるために血流を活発にし、発汗し熱を発散しています。逆に気温が低い時は血流を滞らせ、毛穴を閉じて体温を逃さないようにしています。

しかし、寒暖の差が大きくなると体温を一定に保つため自律神経の働きが必要以上に活発になります。その結果、過剰にエネルギーを消費し体に疲労が蓄積してしまいます。

昼と夜の寒暖差が大きくなりがちな季節の変わり目は寒暖差疲労が溜まりやすいので注意が必要です。

急激な寒暖差は肉体面だけでなく精神面にも影響を与えます。

肉体的不調 頭痛やめまい、肩こり。体内のエネルギー消費により冷え性を起こし、だるさが続いたり食欲が低下することがあります。

精神的不調 自律神経の乱れにより、イライラや不安、落ち込みなど精神的なダメージを受けやすくなります。

寒暖差疲労を溜めないための対策として以下のような項目が推奨されています。

•温度差をなくす まずは体に寒暖差を感じさせないことが大切です。室温がコロコロ変わると疲労を溜め込む原因になるのでエアコンで一定の快適な温度に保ちましょう。ただし、外気温との差が大きくなると外に出た時に体の負担が大きくなるので室外との温度差は7℃以下が推奨されています。

•バランスのとれた食事 バランスの良い食事で疲労に負けない体を作りましょう。エネルギー源のタンパク質や、疲労回復効果のあるビタミンB群は積極的に摂取したいですね。

•良質な睡眠をとる  自律神経には心身を活動モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経があり互いにバランスをとりながら健康状態を維持しています。良質な睡眠は副交感神経を優位にし心身を疲労から回復させるのに有効です。

•適度な運動をする 寒暖差疲労は体力のない女性や高齢者に多くみられる傾向がありますら、適度な運動を習慣化して疲れにくい体作りをしましょう。

•お風呂にゆっくりつかる 入浴すると全身の血行が良くなり、体に蓄積された疲労物質を取り除く効果があります。シャワーで済ませるのではなく、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることをお勧めします。

 

気温の変化は体にとってストレスです。激しい寒暖差が続くと自律神経のバランスが崩れて疲労が溜まり、体調不調を起こすリスクが高まります。日頃から対策をして、寒暖差疲労を溜めないようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。