ブスの25ヶ条

こんにちは、リハビリ助手の城戸です。

タイトルを見て『なんだろ?』と思われた方が
いるかもしれませんが
あの有名な宝塚歌劇団の伝説の教えと
言われているこちらの『ブスの25ヶ条』を知っていますか?
みなさん、ではこちらをご覧ください。

_20181113_204905

みなさん、当てはまるものがありますか?

もし、当てはまる項目がみつかった方、
『気付く』ことができたら変化への第一歩。
それを『意識』することができたら
それは自分自身の成長。
そして、当てはまるものがなかった方
これからの人生、ブスにならないよう
『意識』し、『心掛ける』ことが
美人へのさらなる第一歩である。

という、事柄を書いている記事をみつけました。
1週間後、1ヶ月後、1年後
また25ヶ条を見直して、当てはまるものが
ないように心掛けようと思った最近の出来事でした!

読んで頂き、ありがとうございました😊

 

立冬💨

朝晩と少し冷えてきましたが皆さま体調を崩されていませんか?

放射線技師の大友です。

本日11月7日は立冬です、秋も深まりそろそろ今年も冬の気配を感じる時期に差し掛かってきました!

これから寒くなるにつれ、風邪やインフルエンザ等も流行ってまいります。

当院ではインフルエンザの予防接種も行なっておりますので気軽にお声かけください😊

情報

こんにちはー!

PTの梅垣です。

今回のテーマは「情報」です!

最近患者さんから「この前テレビでこんな運動をしたらいいっていってたから最近頑張ってるんです。」といった類のお話をよく聞きます。

何かしらの情報を得て実践する

このこと自体はとても重要なことだと思います!

けど、、、

その運動が本当にその人に適した運動なのか??といったところには疑問が残ることが多いです。

(危ないと思った場合はしない方がいいということはお伝えしますが)

というのもテレビではよく膝が悪い人にはこんな運動がいいですよ!

という感じの紹介がされます。

でも、膝がわるいといっても様々な症状、状態があり原因もまた様々です。

その前提に立つと、一概にこの運動がいいということをテレビなので伝えること自体にかなり疑問が残ります。また同じ動作にみえても意識するポイントやすこしの姿勢の違いで効果やリスクは大きく変わります。

リハビリなどが重要になるのは、セラピストが患者さん一人一人の状態を把握し、その状態に合わしたリハビリを考え実施するからです。

では、自分に合った運動やストレッチを見極める方法は専門家に任せる以外ないのか??と思われる方もいるかと思います。

その答えはNOです。

というよりかは僕たち専門家からの情報であっても最終的に自分に合っているかどうかをジャッジするのはその人本人です。

テレビから、友人から、専門家から、、、

情報源がどこであれ、自分の身体で確認するしか最終的に自分に合ったものを見つけることはできません。

その前提を踏まえると、専門家から教えてもらった体操などであっても自分に合わない(症状が改善にしない、悪化するなど)があればその人に伝えてください。

そうすることで運動の姿勢、頻度、時間などが調整され改善されることもありますし、運動自体を変更することになることもあります。

そういったことを繰り返していくこでしか自分の状態を改善する道は見つからないと思います。

※もちろん、僕達セラピストはその人にあった運動を提供できる可能性が高いとは思っています!

このように、セラピスト側、患者さん側の双方が協力し不調、痛み、怪我を改善する努力をし続けることで、多くの人が健康になっていくのだと思います!

ということで、かなりお硬い内容でしたが、この辺で今回のブログは終わりにしたいと思います!

健康教室を開催します!

かたおか整形外科脳神経リハビリクリニック院長の片岡 豊です。

11月10日 午後2時より健康教室を開催します。

今回のテーマは「肩」です!

首腰や膝に比べれば、あまり注目されていませんが

肩痛があれば、日常生活への影響が大きい部位です。

松野 理学療法士が、体操を含めお話してもらいます。

皆様の来場をお待ちしております。

台風21号

かたおか整形外科脳神経リハビリクリニック院長の片岡 豊です。

台風21号に被災された方に心からお見舞い申し上げます。

幸いにも当院に大きな被害はなく、9月5日より通常通りの診療を再開できました。

スタッフも全員無事であり本当に良かったです。

現在、復旧作業がすすんでいるとのことですが1日でも早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

ipad neck

かたおか整形外科脳神経リハビリクリニック院長の片岡 豊です。

残暑が厳しい日が続いていますね。

肩、クビの痛みがある方がおおいのですが、日本では肩こりといいますが

英語ではそれに該当する言葉は Stiff Neck(クビのこわばり)なのですが

最近はipad Neckと言った概念も出てきているようです。

https://www.unlv.edu/news/release/what-pain-ipad-neck-plagues-women-more

これによると、タブレットを膝において、背もたれのない椅子や地面に座ってつかっていて起こる首の痛みをipad neckといい

若年の女性に多いと書いてあります。

診察時にもお話させていただいていますが、スマホやタブレットを使う際は

姿勢に気をつけてくださいね。

 

はじめまして

4月からかたおか整形外科脳神経リハビリクリニックにまいりました理学療法士の寺谷です。よろしくお願いします。
この1月までの2年間ソロモン諸島でPT(Physio Therapist) CBR(Comunity Based Rehabilitation)のボランティア活動をしていました。ご紹介したいことは色々ありますが今回は「足」のことについて少々…。

大きな違いと共通点
ソロモンではほとんどの人が裸足かビーチサンダル。靴といえばスポーツシューズか安全靴。足は甲高で足趾は長く足底の分厚い方が多く、しっかり大地を掴んでいます。 一見強そうなこの足にフィッティングの悪いサッカーシューズを履いてプレーしていた選手らが足部以外にも痛みを出してやってきました。

足だけが痛みを出しているにもかかわらずそのために歩行や走るフォームが崩れ過剰に頑張らなければならない部位が出現します。痛みやまひなどによって使いにくい部位があると代償的な動作や過剰な使用で何とかしようというパターンを繰り返してしまいます。これは足、整形外科だけでなく脳神経外科にも呼吸器にさえも共通しているところがあります。

まあそのうち治るわ、忙しいし、という声もよく聞こえてきますが悪循環のスパイラルにはまらないようお気をつけ下さい。

 

「ちょっとだけソロモン」

 

夏バテに使う漢方について

かたおか整形外科脳神経リハビリクリニック院長の片岡 豊です。

暑い日が続いていますが、皆様大丈夫でしょうか?

こんなに暑いと夏バテが心配なのですが、

そんな時は、漢方を使うことがあります。

補中益気湯と清暑益気湯 この2つを使い分けます。

補中益気湯は夏カゼなどの引いてしまった場合によく使います。

清暑益気湯は冷たいものを飲み過ぎとかで胃腸の調子が悪い時によく使います。

ただし、双方とも甘草という成分が含まれていますので、

他の漢方をすでに内服されておられる方は注意が必要です。

夏バテかなと思ったら一度ご相談ください。

imgres-1imgres

TF003263_002_01

(画像はツムラ、クラシエ 各ホームページより許可を得て掲載しております)

ついに始まりました。

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

理学療法士の丹羽です。

 

第100回全国高校野球選手権大会がついに始まりましたね。

今年は史上最多の56校が出場、注目度も高いようで当日券が朝のうちに完売してしまったらしいです。

一生懸命な姿は心を動かす力がありますよね。

実際、私は横浜×PL延長17回がきっかけで理学療法士になってしまいました(^-^)/

 

今年も白熱した試合になることを期待するとともに、選手たちが熱中症にかからないことを祈っています。

皆さんも応援に行かれる際は帽子、飲み物、冷やしたタオルなど暑さ対策を忘れずに。めいっぱい応援しましょう!!

バトンスクール発表会

かたおか整形外科脳神経リハビリクリニック院長の片岡 豊です。

西山紀代美バトンスクールの発表会に行ってきました。

皆さん練習をしっかりしているのがわかる、とても綺麗な舞台でした。

そして、驚いたのが代表の西山先生がおそらくは50歳を超えておられると思うのですが、すごく姿勢がしっかりされていました。

このようなきれいな姿勢を取れるように当院でリハビリテーションを行わせていただきますので、みなさん頑張っていきましょう!

2018バトン発表会